技術系

ドラッグアンドドロップだけでファイルのバックアップを作成するツール

レガシーなプログラム開発や事務処理を行なう時、バックアップを取る人は多いと思います。

1ファイルや2ファイルならまだしも、10ファイル20ファイルのバックアップを取るとそれだけで10分ぐらいかかりますよね。

仮にファイルのバックアップ作業が毎日5分あったとしたら…1ヵ月分の作業時間をざっくり計算すると 20日 × 5分 = 100分!?

ツマラナイ作業に約1時間半も費やしていることになります。

 

ドラッグアンドドロップだけでファイルのバックアップを作成するツール

VBSならファイルをドラッグアンドドロップするだけで filename.txt から filename_yyyymmdd.txt のバックアップを作成できます。

コードはこちら。

 

 

 

 

ツールの使い方

  1. vbsコードを任意の場所にSJISで保存してください。
  2. バックアップファイルを作成したいファイルをドラッグアンドドロップしてください。
  3. 以上

ドラッグアンドドロップだけでファイルのバックアップを作成するツールの動作

 

さらに便利な使い方

「ファイルをバックアップするツール、どこに格納したっけな」というように困ることがあるかもしれません。

そんな時こそマウスを右クリックして”送る”にvbsのショートカットを設置しておいてください。

ちなみに”送る”はファイル名を指定して実行から「Shell:sendto」で呼び出せます。

ファイル名を指定して実行からShell:sendtoを実行する画面

 

あとはファイルを選択して右クリックして”送る”からVBSをチョイスすることでバックアップが作成されます。

 

備忘録

UNCパスのフォルダ(¥¥Server¥folder)でも使えますよ。

バックアップフォルダに自動で作成するようさらに改変しました。

フォルダへのポップアップ確認が煩わしい場合は '---- の中をすべてコメントアウトしてください。

 

著作権等

プログラムをカスタマイズして2次利用する際は当ブログへのリンクをお願いします。

商用利用は禁止です。

 

参考にしたソース

reime様のソースを元にカスタマイズを加え、日付のバックアップ&コピーにしました。


社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば20余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-技術系
-

© 2024 インフラエンジニアブログカナデ