技術系

Windows負荷テストツールfsutilでHDD容量閾値超過させる

Windowsで性能テスト。

  • HDD容量の閾値チェックをしたけど、数百GBのファイルを作るのが面倒。
  • fsutilコマンドで疑似的なGB単位のファイルは作れるけどバイト単位だからいちいち計算とか無理。
  • セキュリティに厳しい現場でツールは持ち込めない。

そう思った20代の若かりし頃の僕はどうにかして手を抜こうと必死にスクリプトを書きました。

 

HDD容量閾値超過ツール使い方

  1. ソースをコピーしてローカルにSJISで保存する。(big_dummy.vbsなど)
  2. コマンドプロンプトを管理者で起動し、vbsを実行する。
  3. ガイドに従ってGB単位の大きいサイズのファイルを作成する。
  4. ポップアップメッセージを閉じるとファイル削除メッセージが出るので削除する。

 

 

HDD容量閾値超過ツール解説

もうどうやってソースを書いたか覚えていません。が、どうにか動いているので良しとします。

実行して値を入力するとGB単位でファイルを一瞬で作ってくれます。

 

Windows負荷テストツールHDD容量閾値チェックツールと併せて使ってください

 

著作権について

著作権は当サイトの管理者に帰属します。

商用利用以外であれば著作権フリーですが、念のためコメントにてお知らせください。


社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
生き残りたいインフラエンジニアのカナデ

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば10余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-技術系
-,

© 2022 インフラエンジニアブログカナデ