Excel

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数

Excelで自分以外のITリテラシーが低い利用者(Aさんとします)に「この”国リストデータ”からオートフィルタで国情報を絞り込んで国コードをあのシートに入力してください」みたいなシーンがあったとします。

Aさんはオートフィルタを使いこなせないので不要な国情報が大量に出ます。

大量の国情報から国コードを選択するため間違えます。

…とまぁ、弊社で実際にあった低ITリテラシーの話です。

 

やや余談になりますが、VBAで組んでも”マクロの有効化”ボタンを押さずにExcelを開く可能性が高いため、プログラムで組むのもやめておきました。

ちなみに国データと国コードはISO3361を基にしたものを加工してます。

 

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数

どんなことがしたいかというと、まずはこちらをご覧ください。

E3に何かしらの文字を入力すると、国コードと国名が自動的に抽出されるようにします。

今は『ニア』が入ってますが、結果は正規表現で『*ニア*』に該当する情報がずらっと出てますね。

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数1

 

「ニア」を入力した時の動作はこんなイメージです。

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数2

 

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数の解説

それぞれ関数を見ていきましょう。

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数3

 

C2セル

 

F3セル

 

G3セル

 

 

説明

① E3で入力したデータより、ヒットした国名をCOUNTIFで加算します。

② 加算していればヒットしているためこれを国名検索で利用します。

③ 国名をOFFSET MATCHで再度検索し、ヒットした行の隣の列を参照し値を返します。

 

Excelのオートフィルタを使用せずデータを抽出する関数のまとめ

この関数によりリアルタイムで抽出され、生産性は10%ぐらい上がりました。

オートフィルタだと最低でも3アクションあり、条件を間違えた場合は一旦フィルタを解除して再度オートフィルタ…なんてことも。

 

著作権について

著作権は当サイトの管理者に帰属します。

商用利用以外であれば著作権フリーでお使いいただけますが、利用時はコメントにてお知らせください。

Webで紹介する際はリンクを貼ってください。


社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば20余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-Excel
-

© 2024 インフラエンジニアブログカナデ