技術系

Powershellでファイルの文字コードを確認する方法

テキストファイルやCSVファイルの文字コードをPowerShellで確認する方法です。

 

Powershellで一発確認

コマンド一発

*ファイルパスは適宜置き換えてください。

 

Powershellで文字コードを確認した実行結果のサンプル

BodyName : utf-8
EncodingName : Unicode (UTF-8)
HeaderName : utf-8
WebName : utf-8
WindowsCodePage : 1200
IsBrowserDisplay : True
IsBrowserSave : True
IsMailNewsDisplay : True
IsMailNewsSave : True
IsSingleByte : False
EncoderFallback : System.Text.EncoderReplacementFallback
DecoderFallback : System.Text.DecoderReplacementFallback
IsReadOnly : True
CodePage : 65001

 

 

batやVBSだと手間がかかる

batだとコマンドもなく、nkfってフリーソフトを使わないとだめ。

VBSだとファイルをオブジェクトで読み込んでファイルオープンし…メッセージボックスで表示させてようやく確認できます。

Powershellなら2行で済むのはありがたいですね。

WindowsならPowershellが基本的に入っていますし。

 

その他の方法

テキストエディタで開いて確認。これも有効ではありますが、ファイルサイズが大きいと開くまで時間がかかるんですよね。

フリーソフトで確認。nkfなど確認するツールはありますので、これをネットで拾ってきて使う。でも現場でそもそもフリーソフトの導入が厳しい職場もあるので、あまり有効ではありません。

 

社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kanade

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば10余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-技術系
-

Copyright© インフラエンジニアブログカナデ , 2020 All Rights Reserved.