技術系

txtやcsvが1GBを超えて開けないならPowershellで分割しよう

メモ帳(テキストエディタ)でファイルが開けずお困りですか?

テキストファイルやCSVファイルは1GBを超えたファイルをメモ帳で開こうとすると、次のメッセージが表示され開くことができません。

ファイル [ここにフルパスのファイル名] は大きすぎてメモ帳では編集できません。
別のエディターを使って編集してください。

 

Powershellで分割する

Powershell(パワーシェル)なら1行で終わります。

*ディレクトリは適宜変更してください。

ReadCount の次の数値が行を意味します。

1048576がExcel2007以降の最大行数なので、1行手前で終了させ1048575で切ってみました。

あとは勝手にPowershellで実行するとバーッと分割してくれるので、完了を待つのみ。

 

別のエディタなら開ける

Powershellで分割するより、ちゃちゃっと処理を行いたい人向け。

サクラエディタや秀丸など、有名なテキストエディタなら1GBを超えたテキストファイル、CSVファイルを開けます。

サクラエディタで1GBのファイルを開いたところ、5~10秒ほどかかりました。

*PC環境によりますので、参考値として。

 

状況によって使い分けて

PCがハイスペックでサクラエディタで開いてGrepかける方が早ければそのまま開く。

巨大なファイルのままだと扱いにくいならPowershellで分割する。

このように環境や状況に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kanade

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば10余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-技術系
-

Copyright© インフラエンジニアブログカナデ , 2020 All Rights Reserved.