技術系

Windowsのメモリ負荷テストツールをVBSで自作する

Windowsサーバでメモリ負荷テストをするとき使ってるVBSのツール。

元のソースが見つからず、ちょこちょこいじってるのでひとまず公開。

 

メモリ負荷ツールの使い方

  1. ソースをコピーしてローカルに保存する。(mem_panic.vbsなど)
  2. ダブルクリックで実行してメモリに負荷をかける。
  3. intMemEatの値を適宜変更する。
  4. ポップアップメッセージを閉じるとメモリ負荷を開放する。

 

 

メモリ負荷ツール解説

面倒なのでソースに書いちゃいました。

ソースが汚くなるから解説入れたくないけど、どの現場行っても「あ、これなんだっけか」みたいになるから。

そう難しいことでもないので、ひとまずこのまま公開する。

 

著作権について

商用利用以外であれば著作権フリーです。

過去、どこかの現場で必要になり家で作りました。
(なんせ現場で作らせてもらえませんでしたからね)

 

無料公開している理由

今でもよく現場で使うことがあって、一元管理したいのでここに残します。

あとあと直すかもと思いコメント入れまくったけど全然直さないし。

バグってたら教えてください。

ソースは汚くて恥ずかしいけど、僕プログラマーじゃないし(言い訳)

社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kanade

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば10余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-技術系
-,

Copyright© インフラエンジニアブログカナデ , 2020 All Rights Reserved.