※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しPRを含みます。

仮想通貨

SquidGrow暗号通貨の新しい波とSilentSwapの革新

SquidGrowの戦略

フェーズ1: チームの拡大、マーケティング、イベント、コミュニティの成長と露出

フェーズ1では複数の重要なプレイヤーとチームをオンボードし、次のイベントに参画し露出しました。

  • @tintinjpeg をCMOとして採用
  • コンテンツ作成チームと協力
  • PR会社をオンボード
  • イベント
    • NFT_NYC
      • コミュニティミートアップ
      • タイトルスポンサー
      • メインステージスポンサー
      • イベントで最大のブース
      • NYCビルボード
      • @Shibtoshi_SG の初の公の場での登場とメインステージでのファイヤーサイドチャット
      • クジラディナー
      • チームの絆と結束の経験
      • Secret Networkと共催のイベント
    • Token2049Dubai
      • バージュ・ハリファのArmani Priveナイトクラブを占拠し、Silentswapを紹介
      • 業界のビルダーとプールパーティを開催
      • 業界で最も有名な100人を招待した独占招待制のヨットパーティを企画
      • イベントで SilentSwap を発表し、VC、DeFi創設者、L1 & L2、取引所、マーケットメーカーなどの業界メンバーからフィードバックを収集
      • パートナーシップの問い合わせを受け取り、好ましいエコシステムに近づく
      • KOLの継続的なオンボードフェーズ
    • consensus2025 & KarateCombat
      • Secret Networkと共催のDeCCイベントを開催
      • Karate Combatのアスリートをスポンサー
      • チームの規模を公に展示し、メディアの注目を集める
      • メインストリームの出版物、参加者、企業からの注目を集め、イベント露出を最大化
      • KOL、新しい重要なプレイヤー、業界の重鎮との再連携

フェーズ2: ネットワーキングと関係構築

プロダクト、コミュニティ、エコシステムと統合できる主要なパートナー、エコシステム、ブランドの調整を開始。

 

フェーズ3: 三つ目の確信の分野。エンターテインメント。

2023年11月に、この次のマーケティングサイクルがエンターテインメントに焦点を当てる理由を発表しました。 https://x.com/TheDegenBoii/status/1724818567017771088

市場が早期にトレンドを始めようとしているセレブトークンに対する認識をすでに見始めていますが、適切に行うためには、ブレイクアウトリーダーが拡大を先導する必要があります。

その一つとして挙げたいのが、KarateCombatです。 彼らのマーケティング、コラボレーション、インセンティブ構造、およびリーチは、ブランドが業界に参入し、トレンドを支配し先導するマーカーを持っていることを示すために正しく実行されています。

個人またはソロクリエーターに関しては、市場は地域ごとに異なると見ています。各地域ごとにソロのブレイクアウトクリエーターが出現し、それぞれの地域には男性と女性の役割があると推定しています。

 

 

SquidGrow戦略まとめ

フェーズ1でチームの拡大、マーケティング、イベント参加による露出強化を行い、主要イベントでの露出を最大化。

フェーズ2ではネットワーキングと関係構築を進め、フェーズ3ではエンターテインメントに焦点を当ててセレブトークンや主要ブランドの先導を目指す。

 

VENOM(VNM)の買収

2022年9月に販売開始された仮想通貨 ”VENOM(VNM)”のプロジェクトをSquidGrowが買収。

推測を交えるが、VENOMプロジェクトが衰退の一途をたどり消失する前にSquidGrowが救ったと考えられる。

これにより、VENOMホルダーは2024/6/14のスナップショットによりSquidGrowを配布される。

VENOMホルダー434名はSquidGrowを受け取ることになる。

SquidGrowはホルダー数が増え、VENOMは救済処置を受ける。まさにWin-Winの関係と言える。


社畜系インフラエンジニアブログのTOPへ戻る

コメントもらえたら泣いて喜びます!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kanade

IT関連の仕事に従事し気付けば20余年。好きな言葉は「よくわからないけど動いてる」です。どうにかして生き残りたいアラフォーのIT系エンジニア。

-仮想通貨

© 2024 インフラエンジニアブログカナデ